MY HONEY | マイハニー はちみつ専門店/甘いものを食べるタイミング

甘いものを食べるタイミング

甘いものを食べるタイミング

甘いものが大好きな女性も多く、ダイエット中でも甘いお菓子は食べたくなります。我慢をしてストレスを溜め込んでしまうと、ダイエットの妨げになってしまいます。おやつは太らないタイミングを狙って食べるのがおすすめです。

食間に食べる

お菓子を食べるタイミングを選ぶことで、脂肪を体内に蓄積しにくくすることができます。甘いものを食べるのに適しているのは食間といわれています。食事と食事の間、つまり朝食と昼食の間や昼食と夕食の間という意味です。食後2、3時間して小腹が空いたタイミングで甘いものを食べると、低下していた血糖値を上昇させることができます。そのため、12時に昼食を食べ、7時の夕食までの間にある3時のおやつは、太りにくいタイミングとしておすすめです。 食間でも夕食から朝食の間に夜食を取ることはおすすめしません。夜の10時から深夜2時の間は、脂肪を溜め込むタンパク質であるBMAL1が活発に働いている時間であり、この時間に食べると午後3時に食べるよりも太りやすくなるといわれています。

食前に少し食べる

食事の前は血糖値が低下しています。血糖値が上がることによって満腹中枢は刺激されるので、食事の前に少しだけ甘いものを食べて血糖値を上げると、満腹中枢が刺激されるのが早くなり、食事の量を減らすことにも繋がります。 食後にデザートを食べることから、甘いものは食後が良いのでは、と考える方もいらっしゃいます。しかし、食後は普段以上に血糖値が上がっています。そこにさらにデザートで血糖値を上げてしまうと、余分なカロリーが脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

お菓子も選ぶ

ナッツ ダイエット中のお菓子選びも工夫しましょう。太りにくい時間だからといって、カロリーの高いお菓子をたくさん食べてしまっては当然太ってしまいます。ダイエット中のお菓子におすすめなのは糖質だけでなく、食物繊維やビタミンなどそのほかの栄養バランスも優れているお菓子です。 ナッツは栄養価も高く体に良い不飽和脂肪酸もたっぷりはいっています。ドライフルーツはフルーツに含まれる栄養素が凝縮されているので少量で満足することができます。どうしてもチョコレートが食べたいときはビターチョコレートを選びましょう。

このように、ちょっとした工夫でお菓子を我慢せずにダイエットを進めることができます。我慢するだけでなくタイミングを考えて間食はするようにしてください。

友だち追加


買い物カゴ

商品数:0

合計額:0

[25ans 9月号]2017.9.26 UP!

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力